· 

生命保険の基本的な仕組みを分かりやすく


image

生命保険に加入している人は多いですが、言葉や仕組みについて正確に理解している人は多くない印象です。

 

今回は、

  • 生命保険の分類
  • 生命保険の用語
  • 生命保険の基本原則
  • 保険料の仕組み
  • 配当金の仕組み
  • 責任準備金

などを纏めました。

 

ご検討の方は是非、ご参考ください。

 

注:当ブログは生命保険の加入を勧めるものではなく、あくまで一般的な説明をするためのものです。

生命保険の分類


image

生命保険は、保険金の支払われ方によって死亡保険、生存保険、生死混合保険の3つに分類することができます。

  • 死亡保険:死亡や高度障がい状態になったときに保険金が支払われる
    • 定期保険
    • 終身保険
    • 定期保険特約付終身保険
  • 生存保険:満期まで生存していた場合に保険金が支払われる
    • 個人年金保険
    • 貯蓄保険
  • 生死混合保険:死亡や高度障がい状態になったときは死亡保険金、満期まで生存していたときは生存保険金が支払われる
    • 養老保険
    • 定期保険特約付養老保険

運用方法による分類


image

生命保険は、一般勘定として運用を保証する定額保険と、特別勘定として運用を保証しない変額保険に分かれる。

  • 定額保険:支払われる金額が契約時にあらかじめ定まっている保険
    • 定期保険
    • 終身保険
    • 養老保険
    • 個人年金保険
  • 変額保険:運用実績に応じて保険金や年金、解約返戻金が変動する保険
    • 終身保険タイプ
    • 養老保険タイプ
    • 変額個人年金

生命保険の基本用語


契約の関係者

  • 契約者:保険会社と保険契約を締結し、契約上の一切の権利と義務を持つ人
  • 被保険者:その人の生死・災害・病気などが保険の対象となっている人
  • 受取人:保険金・給付金・年金などを受け取る人

保険に係るお金

  • 保険料:契約者が保険会社に払い込むお金
  • 保険金:被保険者が死亡・高度障害状態のとき、または満期まで生存したときに受取人に支払われるお金
  • 給付金:被保険者が入院したり、手術をしたときなどに受取人に支払われるお金
  • 解約返戻金:生命保険契約を解約したときに契約者に払戻されるお金

契約に関する用語

  • 保険事故:死亡・災害・高度障害・病気など保険金や給付金の支払いが約束された出来事
  • 保険期間:保障が続く期間。この期間内に保険事故が発生した場合のみ、保険会社から給付を受けることができる
  • 保険料払込期間:実際に保険料を払い込む期間。保険期間とは必ずしも一致しない
    • 全期払込:保険期間の全期間にわたって保険料を払い込む方法
    • 有期払込:保険期間より短い期間に保険料を払い込む方法

生命保険の基本原則


生命保険の基本的な原則には大数の法則と収支相等の原則があります。

  • 大数の法則:少数では不確実なことも、大数でみると一定の法則があること。この法則は、人の生死にもあてはまり、保険料は被保険者の性別・年齢等により計算される。
  • 収支相等の原則:契約者全体が払い込む保険料総額および予定運用収益の合計額と、保険会社が受取人全体に支払う保険金総額が等しくなる。

保険料の仕組み


保険料は3つの予定基礎率に基づいて算出される。

  • 予定死亡率:統計に基づいて、性別・年齢ごとに算出した死亡率
  • 予定利率:保険会社があらかじめ見込んでいる運用利回り
  • 予定事業費率:保険会社が事業を運営する上で必要な費用

保険料の構成


  • 純保険料:保険会社が支払う保険金に充てられる部分
    • 死亡保険料:死亡保険金の支払いにあてられる部分
    • 生存保険料:生存保険金の支払いにあてられる部分
  • 付加保険料:保険会社が事業を維持するための費用

配当金の仕組み


3つの予定基礎率をもとに算出された保険料と、実際にかかった費用とでは、差額が生じます。

通常、保険料のほうが、実際にかかった費用よりも多くなります。この場合の差益を剰余金といいます。

剰余金が発生する要因は以下です。

  • 死差益:予定死亡率で見込まれた死亡者数より実際の死亡者数が少ない場合に発生する利益
  • 利差益:予定利率で見込まれた運用収益より実際の運用収益が多い場合に発生する利益
  • 費差益:予定事業費率で見込まれた経費よりも実際の経費が少ない場合に発生する利益

保険会社は剰余金を財源として契約者に配当金を支払います。

配当金の有無


  • 有配当保険:死差益、利差益、費差益の3つから配当金が支払われる保険
  • 準有配当保険:利差益のみから配当金が支払われる保険
  • 無配当保険:配当金が支払われない保険

配当金の受取り


配当金の受取り方法には、次の4つがあります。

なお、保険種類によっては、受取り方法を積立てにすることなどが決まっていて、選択できないケースもあります。

  1. 積立:配当金を積み立てておく方法で所定の利息が付き、契約者からの請求による引き出しが可能
  2. 買増:配当金を一時払いの保険料として保険を買い増す方法で、途中引き出しはできない
  3. 現金支払:配当金をそのつど現金で受け取る方法
  4. 相殺:配当金と保険料を相殺する方法で、配当金の分だけ保険料負担が軽減される

責任準備金


保険会社は、将来の保険金、年金、給付金等の支払いに備えて、収入保険料の一部を積み立てています。

この積立金を責任準備金といいます。

 

責任準備金の積み立て方法は次の通りです。

  • 積立では、金融庁が定める標準責任準備金制度に基づいて行われている。
  • 標準責任準備制度では、事業費は保険料払込期間にわたって一定額と想定する平準保険料方式によって積み立てが行われている。
  • 責任準備金を計算する別の方法としてチルメル式があり、これは初年度の事業費を厚くした上で、一定期間で償還する方法
  • なお、平準純保険料でもチルメル式でも、最終的には責任準備金も額は一致する。

 

まとめ


image

今回は、

  • 生命保険の分類
  • 生命保険の用語
  • 生命保険の基本原則
  • 保険料の仕組み
  • 配当金の仕組み
  • 責任準備金

など、生命保険の基本的な事項を纏めました。

 

生命保険に加入している場合、あるいは加入を検討している方は、言葉や仕組みについて理解しておいたほうが、より正しく加入の是非を判断することができるかと思います。

その際に、この記事を参考にして頂ければ幸いです。